2005年10月17日

Java3D再び

ひさびさに,Java3Dの本を手に取った.研究で必要であり,今月はJava3Dを使いこなせるようにするという目標を立てていたからだ.

本のサンプルコードを練習がてら書いて行く.前にやったときは全然わからなかったんだよな〜と思いながら.しかし,その考えは一瞬にして消え去った.

「あれ?こんなんだったっけ?」
前は全然わからなかったのに,すんなりと頭に入った.

その理由は,ここ最近ずっと,サウンドプレーヤーなどのJavaアプリケーションを作っていたからだと思う.JavaのGUI作成をやっているうちに,これは木構造で自由にボタンなどのコンポーネントを配置できるのかとわかったのだが,Java3Dの箱や球などのオブジェクトを配置するのも木構造をとっていたので,「なんだ,一緒じゃん」というように,あっという間に理解できたのである.


posted by Kiyui at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。