2005年04月21日

Windows版MagicPoint

うちの研究室のPCのOSはLinuxです。ゆえにプレゼンテーションは当然MagicPointになります。しかし、私が持っているPCはWindowsです。これでは自宅でスライドを作ることができません。
そこでWindows上で動作するMagicPointがないものかと探すと、案外あるものですね。その名も、「MagicPoint for Windows」。さっそくダウンロードして起動してみました。しかしreadmeファイルがありません。仕方がないので、配布先のサイトで調べることにしました。そのサイトは英語なのですが、英文論文を読んでいたせいなのか、スイスイ読むことができました。それを頼りにやっていこうとすると、任意のファイルを開くには、バッチファイルをいちいち書き換えないといけないようで、非常に使い勝手が悪かったです。仕方がないので、自分でバッチファイルを書き換え、ようやく使い勝手が良くなりました。
readmeファイルもない、起動するにも使い勝手が悪いとは、この作者は一体・・・


posted by Kiyui at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。